ブログトップ

おもいつきの記録

yamaharu05.exblog.jp

<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

New Museum

NYの楽しかったところ ①
d0163448_0291274.jpg

New Museum。
現代アートの美術館で、こちらの建物は日本人建築ユニットの
SANAAが手がけたものだそうで。
建築に詳しい方ならご存知かと思います。
プレセンとの箱を積み重ねたみたいでおもしろい外観。素敵です。

展示もおもしろくて印象的でした。
ブラジルのアーティスト、Rivane Neuenschwanderさんの展示。
(リヴァーニ・ノイエンシュワンダーかな?名字が読めない・・)

作品ひとつひとつのディテールを活字にするのは、難しいうえに
つまらなくしてしまいそうなのでやめておきます。
なんというか、
インスタレーションあり、映像あり、
目に入ってくるものだけでなく、音も印象的で
視覚聴覚を使って記憶を刺激されるような・・・
そんな作品がいっぱいでした。
遊んでいる感覚になれたのがとても楽しかったです。

ひとつ。「 I wish Your wish」という作品がありまして。
壁一面にカラフルなリボンがさげてあって、
そのリボンのひとつひとつには願い事が書かれています。
鑑賞者は好きなリボンを取ることができ、
その代わりに自分の願い事を紙に書いて置いて行くという作品。
おそらく、
今回プリントされていたのは以前に作品を観た人の願い事で
次回この作品が発表される時には、私達の願い事がリボンに
プリントされるのではないかな?
そうして願いが繋がっていくのでは、と私は思っています。

New Museumに行く前日の夜
宿で一緒だった方から新月のデグラデーションの話と、
ちょうどこの日が新月だということを聞きました。
デグラデーションとは、新月の日に願い事をすると
高い確率で叶うよ、というものらしいです。(詳しくは要検索。)
私も「今夜は何かお願い事をしてみよう」と思っていた矢先、
この願い事つながりの作品です。これは、やるしかないでしょう。

世界が平和になりますように。宝くじが当たりますように。
いいアパートといいルームメートが見つかりますように。 など。
様々な願い事の中から、私がもらってきたのはこちら。

I wish to be recognized as a great artist.
d0163448_0314613.jpg

greatという言葉に少し違和感を感じながらも、望みは大きく。
好きなリボンを選ぶ、それはその願いに共感しているということ。
私と同じ願いを持った人が、確実に世界のどこかにいます。
私が書いた願いも、いつかどこかの誰かに共感してもらえるかな?
ちなみに私が書いた願い事は、もらったリボンとは違う内容です。

この作品は、ブラジルの教会の言い伝えにヒントを得ているらしく
それは願い事をリボンに書き手首に結び、自然とリボンが切れて
落ちたら願いか叶うというものらしいです。
「自然と切れて落ちる」という神様がやる作業(?)が
「選んで持って行く」という行為に置き換わって
鑑賞者の手で行われている感じがします。

人の願いは人が叶える、ということでしょうか?

いつか誰かにリボンを選んでもらえた時に、
やっと私の願いが叶うのかも知れません。     


いつ?
[PR]
by yamada-harumi | 2010-09-20 01:27

帰国しました。

14日に。

帰りの飛行機の中では、ほとんど寝ずに映画鑑賞。
成田に夕方着だったので「これで夜寝れば時差ボケなしだ!」
と、思いきや・・
14日夜から15日もほぼ一日寝て過ごすというボケっぷり。
よく寝ましたね。疲れていたのかな?

本日はすっかり立ち直っております。
というか、さっさと動き出さねばなりません。

さて、少しずつNYのお話を書いていこうと思います。
 写真も載せつつ。

こちらが11日に私が眺めていた2本の光です。
9年前は、まさかこの日にNYに居るとは思いもしませんでした。
あの街でこの光を見ると、思うこと感じることが大きいです。
きれいなだけではない光でした。
d0163448_23194863.jpg

[PR]
by yamada-harumi | 2010-09-17 23:41

NYのはなし

9月11日(土)

まだニューヨークにいます。
ずっとブログを書いていませんでしたが、
それは毎日が充実していたということです。
それを書けってはなしですが…。

展示も無事に終了しております。
うん。やりました。
思うことはたくさんあって書きませんが
一言いうなら「またやりたい」です。
次はもう少し違ったかたちで、何かできそうな。
ひとつやるとまたひとつが見えてくるというか、
終わってしまう寂しさと結果について思うこと、
次への期待と楽しみで、ぐるぐるしています。

こちらのギャラリーもたくさん行きました。
展示のDMも渡して、地道な広報活動もしました。
みなさん予想以上にあたたかく受け取ってくれます。
これが繋がるといいのですが。どうかな?

出会いあり、発見あり、たくさん感じることあり。
本当にいろいろあったこの十数日。
詳しくは改めて、写真も載せつつ書きたいと思います。

NY滞在も残り1日となりました。
9.11の夜。
あのビルがあった場所からは
空に向かって2本の光がのびています。
とても大きな事件については、
たくさんの思いと様々な意見があると思います。
私はここに書く言葉も見つからず、
ただ光を眺めて考えるばかり。
痛みの少ない世の中になったらなぁ。

そのために。
私は人に優しくできるよう
日々、努力したいと思います。
[PR]
by yamada-harumi | 2010-09-11 22:30

オープニングレセプション

8月31日(火)

展示が始まり、オープニングレセプションがありました。
レセプションと言うとなんかすごそうと思う方もいると思いますが、
そんなイメージではなく、もっと和気あいあいとした感じです。

いろいろな方に来て頂いて、とても充実した時間を過ごさせてもらいました。
日本通な米人さんもいらして、日本語でもお話しできて少しほっとしたり。

私はコンセプトやら、作品について話すときは日本語でも言葉を探してしまうので、
それが英語となると、これまた大変です。
でも、みなさんわかりやすい言葉で話してくれたり、
日本語ができる方が助けてくれたり、なんとかお話しさせてもらいました。
ありがたいことです。

作品について「あなたはどれが一番好き?」と何人かに聞かれたのが印象的でした。
で、「これ」と答えると「なんで?」と聞かれる。
展示してますから、どれも好きなんですけど
その中で、ひとつを選んでその理由を考えると、真相心理がでてくるような。
質問に答えながら、自分でもほぅ〜と思ってしまいました。

日本とニューヨーク。
ちがいがあって刺激を受けるところと
おなじで共感するところがあって面白いです。

書けばきりがありませんが。またおいおい。
写真も載せられたらいいのですが、
今の私にはその術はなく…。
みなさんの想像力を刺激したいと思います。
[PR]
by yamada-harumi | 2010-09-02 21:47